FC2ブログ

ネオヒルズ族 与沢翼の過去の活動と今の活動について - 【極】情報商材セレクション!

ネオヒルズ族 与沢翼の過去の活動と今の活動について




秀吉です。



今日はアフィリエイターの中でもトップクラスの実力を持つ
与沢翼さんを取り上げたいと思います。


ネットビジネスを始める上で
覚えておいたほうがいい人の一人だと思うので、
記事を書いていきますね。



与沢翼さん、
株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役
エスラグジュール株式会社元代表取締役社長、
ネット業界ではトップクラスでここ最近は海外(シンガポール)を拠点に活動しています。


与沢翼


と言うのも、
日本では税金が高く、その額は3億円を超えると言う状況でした。


2015年の春頃には3億円の未納税も払い終え、
後は優雅な生活をしているのではないかと思います(笑)


まあ、税金の対策で海外に住んでいるという事でしょう。




与沢翼さんの過去はというと、
早稲田大学社会科学部卒で起業家として活動。



ヒルズ族とも呼ばれ六本木を拠点に活動していました。



ネットで稼いでいる人はネオヒルズ族なんて言い方もしますね。


与沢翼2


ネオヒルズ族とは
六本木ヒルズに本社を置く企業家達のことで、
有名な人だと

・久積篤史

・土屋ひろし

・小玉歩

・蝶乃舞

・渡辺雅典

・澤田優也



この辺りが有名な方々だと思います。


ちなみにヒルズ族は

・堀江貴文

・三木谷浩史

・村上世彰

・藤田晋

・宇野康秀


など他にも多くな方々がおられます。



与沢翼さんはどちらかと言うと、
ネオヒルズ族になりますね。



そんな与沢翼さんの活動はというと、
アパレル通販の仕事で起業し、
年商は10億を超えるほどの大企業になりましたが、
内部の造反し、2011年の7月に多額の借金を抱えながら倒産しました。



倒産後に出来る仕事は限られており、
そこで目をつけたのがパソコン一台でできる仕事、
アフィリエイトでした。


アフィリエイトについてはコチラ
http://sagaranet.blog.fc2.com/blog-category-11.html


アフィリエイトに目をつけた与沢翼さんはメルマガに注目をし、
その時人気のあったメルマガ界でも有名な川島和正さんにアポイントを取り、
自身のメルマガを紹介してもらうように交渉し、見事に成功。
※この時35万人の読者がいたと言われています。


201310041124092a1.jpg


メルマガ読者には高額の利益のある商品を中心にアフィリエイトをし、
7000万円の売上を達成。

なお、この詳しい手法については、与沢塾にて教えているとのこと。


7000万円の売上に成功した与沢翼さんが次にとった行動は、
SKナレッジ社の小島幹登さんに注目しプロデュースして貰うようアポイント。


SKナレッジ社の小島幹登さんは、
ネットビジネスの商材を販売する第一人者とも呼ばれる方です。


o0800047813207330510あ


その後もプロデュースしてもらうことも決まり、
出てきた商材と言うのがあの有名な「与沢塾(25万円)」。


当時は半信半疑の人が多かったものの、
入塾者は1200人とも言われており、
その売上としては4億円が見込まれます。



その後も「与沢塾2期」を開き、
その時の売上も推定4億円。


2013111610422148b.png


そして「プロダクトローンチ(28万円)」と言うノウハウも発売し、
既に与沢塾で属性が定まったリスト(メールアドレス)も溜まっていた事もあり、
その時も多くの収入を得ていたとされています。


与沢塾の評判は賛否両論で、
ネットを中心に情報を集めると悪い評判が多いかと思います。


ただ中には稼いでいる人もいるのも現実で、

「稼げる人もいるが、稼げない人の方が多い」

と言ったところでしょう。



かなりザックリな説明になりましたが、
いかがでしたか?


こうして見ると、
しっかりと行動に移しているというのが伺えますね。


ネットビジネスを初めてすぐにメルマガに着目、
その後メルマガ会のトップクラスにアポイントを取り、
交渉に成功。

メルマガで大きな収入を得た後に自分の情報を売ることを決め
「与沢塾」を開講し、莫大な資金を得る。



いや~しかし普通では考えられない行動ですね(笑)


まあ、だからこそこうして成功しているのだと思いますが。


普通では考えられない行動こそが、
「成功」への第一歩なのかもしれませんね。



それが正しい行動だといいのですが…(^_^;)


まあ、人柄はともかく、立派な成功者なので、
やはり行動や趣向などは参考になる部分が多いかと思います。


稼げる情報か稼げない情報かは別として。


もし、興味を持ったのなら書籍の方も出しているので、
購入してみるのもいいかと思います。



以上、与沢翼さんについてでした。



秀吉。



スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント