FC2ブログ

2020年東京オリンピックを狙ったAirbnbの戦略について - 【極】情報商材セレクション!

2020年東京オリンピックを狙ったAirbnbの戦略について




秀吉です。



今回はここ最近急増している「Airbnb」について
お話をしたいと思います。




そもそもな話、
「Airbnb」とは外国人旅行者を対象とし
宿泊施設を貸すことによって利益を得るというもの。



「Airbnb」というサイトがあって、
そこを通して取引をしますので安心してご利用できるというわけです。

https://www.airbnb.jp/

minnpakubizinesuio.png





2020年には東京オリンピックが控えており、
外国人旅行者も年々上昇傾向であるということもあり、
ぴったりなビジネスと謳う業者がかなり目にするようになりました。


こっちの業界では「Airbnb」を中心の情報商材というのは、
東京オリンピックが終わるまでは続くであろうと、話になっています。

1378962l.jpg





さてさて、一番気になるのが


「初心者でもAirbnbって稼げるんですか?」


という部分だと思います。



結論から言ってしまえば、
一応ビジネスですので稼げないなんてことはないと思います。



勿論それに伴ってメリットデメリットも出てきますが
個人的には"労働型ネットビジネス"と認識していますので
ネットビジネスとしておすすめはできないんですよね。




どういうことかと言いますと、
「Airbnb」を使ってビジネスをやるとなると、
アパートやマンション、借家を借りて実践するのがほとんどだと思われます。



ここで発生するのが
敷金礼金、家賃、クリーニング等のコストがかかってしまうという点です。




自宅を貸してビジネスをするというのなら構いませんが、
こういった借家の場合ですと、
どうしても初期費用がかかってしまいますし、
毎月家賃を支払わなければなりません。

当然のことながら、
外国人旅行者はほとんどが東京を観光しますので、
ある程度の立地条件も必要となってきます。

そうしますと、
必然的に家賃も馬鹿になりませんので家賃に付きましては
ある程度の金額は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

また、仮に契約を取れたとして、
契約が終わりましたら部屋の掃除やクリーニングが必要になってきます。

souzinoe.jpg





ここでもまた、ある程度の費用が発生していまいます。



契約が取れなければそれこそ赤字になりますし、
どうしても"リスクがあるビジネスモデル"なんですよね。




ですが、逆に都内に住んでいて部屋が一室余っていたり、
外国人旅行者との交流が好きな方からすれば
打って付けのビジネスモデルとも言えます。

8226190664_f671bb3622.jpg





個人的にはネットビジネスで
"ほったらかし"でも稼げる仕組みを構築したほうがいいと思いますが(笑)



「Airbnb」のメリットとしては

・思い出作りに持って来い
・外国人旅行者とコミュニケーションを取れる
・稼げると利益が大きい
・自宅を貸せばタダで出来る




逆に「Airbnb」のデメリットは

・借家の場合だとコストがかかりすぎる
・近隣住人への承諾が必要
・赤字になるリスクが高い
・文化の違いによるトラブル
・掃除や部屋のチェックなど手間がかかる
・器物破損の可能性




こんな感じだと思います。

ここでメリットとデメリットを天秤にかけて考えてしまいますと、
どうしても"オススメできない"という結論になってしまうんですよね。



やるとしたら副業感覚ではなく、
本業としてやらないと利益は取れないんじゃないかな…っと思います。

数をこなさなきゃ稼げないビジネスモデルですから。




それでも、ここ最近は「Airbnb」を利用した情報商材が蔓延しています。




勿論正しいこ知識と正しいノウハウがあればいいのですが、
どれもこれも

「100%稼げます」

「再現性100%」

「初月から30万円!」


など誇大広告な発言が多く、
詐欺まがいな情報販売を発信している業者が増えてきています。



全部が全部詐欺的なモノではないと思いますが、
誰でも稼げるという甘~い謳い文句には引っかからないようにしてくださいね。

また、これから取り組む(興味のある)ビジネスモデルのことは
メリットとデメリットをきちんと理解した上で実践するといいでしょう。



ネットビジネス未経験者の方には
赤字になるリスクがない「YouTube」や
参入のしやすかから「せどり」が人気がありますので、
興味があったら一読してみてください。


【YouTube商材】
「Giga Tube」を読む

【せどり商材】
「電脳せどりファイナルメソッド」を読む



簡単ではありましたが以上で「Airbun」の説明を終わりにします。



最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。



秀吉。
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント